一括.jpプレスリリース・ニュースリリース配信代行 > 基礎知識

プレスリリース・ニュースリリース配信代行サービス基礎知識

DM(ダイレクトメール)を出したほうがよい会社

プレスリリースとは本来以下定義に示されるパブリック(公衆・一般大衆)と企業の双方利益につながる活動全般をさします。
主に日本ではマーケティング・プロモーションの一部として利用している場合が
ほとんどです。

では、プレスリリース・ニュースリリースとはどのようなものなのでしょうか?

DM(ダイレクトメール)を出したほうがよい会社

宣伝広告と何が違うの?と疑問に思う方もいらしゃるかと思いますが、実際に行っている企業の目的はほぼ同じと言って問題は無いでしょう。

ではその違いは?というと、広告では得られない効果を獲得する事や、予算を大幅に軽減出来る可能性が有るという事です。

line

DM(ダイレクトメール)を出したほうがよい会社

より多くの人々に自社の商品・存在を認識させ最終購買活動に繋げたい。(短期、長期共に)という本質的な目的を持っていると思います。
それをより安い料金で効果を最大化させたいと考えるのは当然の事であると思います。

その際に例えば新規で会社を立ち上げ、拡販を考える際にそれが今まで市場にまったく無いサービスだとしても ナショナルクライアントが後発で同様の商品を出した場合、 よほど有力なスポンサーが居ないのであれば、同様の宣伝、広告活動を行う事は困難でしょう。

また魅力を伝えれば伝えようとするほど、ユーザーの不信感を買ってしまう事すら有ります。
アプローチしたいユーザーが普段目にしているメディアに記事として掲載される事はその様な心理に陥ってしまいがちな ユーザーの信頼感を得る事は比較的たやすくなります。

交通広告、TV、ポータルサイト等のWeb広告どの様な媒体でも高額な広告予算が最終的に必要になる見込みで有れば PR活動を行う事は非常に重要になるのです。

☆広告枠
  媒体運営者がPV(ページビュー)数ユーザー属性を商品価値とし
  それにアプローチできる事を商品としたもの

☆PR枠
  媒体運営者が自社商品価値を高める為、ユーザーに取って有意義だと考え
  配信する情報と定義します。
  (昨今ではPR枠も自社メディアの価値を高める、収益を上げる為に広告枠と
  同様のサービスもあります )

DM(ダイレクトメール)を出したほうがよい会社

☆広告主を増やす。
→ ユーザー属性が見やすい。
→ より多くの人が見ている。

☆発行部数やユニークユーザー数を増やす。
→ 目的としている記事がある。特色の有る記事がある。

☆

line

あなたがかかわっているそのサービス・商品が素晴らしい物もしくは素晴らしい物に見せる事は媒体社が掲載したい内容とイコールなのです。
取り上げられたい媒体の記者に掲載すれば魅力的な内容だと感じてもらえるようにすれば 向こうから取材しに来るのは自明の理であるのです。

新聞、雑誌に取り上げられ、売り上げを上げた会社は数え切れない程ありますし、その事に疑問を持つ方はいないでしょう。

サービスをメディアに取り上げられる事が困難とかんがえてしまい、広告枠のみに注力される企業も多くありますが、記者の手元に届く情報は星の数ほどあります。
その中から光るダイアモンドの原石を見つけたと思わせるか、雲母を床いっぱいに敷き詰めユーザーの目に雲母しか見えないようにするのが良いのか?
判断は貴方の考え方次第です。
掲載に関するコンサルを行う会社、掲載先を保障されているサービス各社も特色を出していますのでアプローチしたいターゲットやその属性を考え、配信代行会社や、コンサル会社を選びましょう。

page_top